看護師として働く際には、必要とされているスキルについて把握しておくことが大切だ。

まずは、もちろんだが技術的なスキルが必要となる。看護師は、医師に代わって注射や点滴といった医療行為を行うことがあるからだ。その他にも、包帯を巻いたり患者の血圧を測定したりといった仕事があり、看護師の技術が不足していると患者に不安を与えてしまうため注意しておく必要がある。専門学校や大学などの教育機関では、卒業と同時に即戦力として働けるよう、看護師に欠かせない技術を学ぶ。その後、医療機関に勤めながらスキルをさらに高めることが大切だ。

また、看護師は不特定多数の患者に接する職業のため、コミュニケーション能力も求められる。病気や怪我といった自分の症状について心配している患者はとても多く、看護師が優しく接することによって患者の不安をやわらげることができるのだ。そのため、丁寧な言葉遣いで患者に話しかけるように心がけなければならない。医療機関で治療を受けることに恐怖を感じる傾向があるからであり、特に子どもの患者が多く訪れる専門科ではできる限り配慮することが欠かせないだろう。子どもの患者が多い専門科に配属された場合には、笑顔と温かい言葉を意識しておくことが大切だ。

なお、看護師は職場の医師や同僚、先輩と良好な関係を結ぶことも忘れてはならない。IT化により他職業との関わりが薄くなったとしても、職場で円満な人間関係を築くためにコミュニケーション能力を発揮する必要がある。