結論からいうと、看護師がパソコンスキルがある方が望ましい。世の中はさまざまな分野でIT化の動きがあり、それは医療機関でも同じだ。

地方や小さな病院ではまだ紙カルテを採用している場合が多いが、大きな病院であれば基本的に電子カルテといっても過言ではない。電子カルテを扱うには、当然パソコンを扱えなければならないだろう。作業が遅ければそれだけ自分の負担になり、職場にも迷惑をかける。しかし、看護師は日勤のみならず夜勤もあるため勉強する時間の確保は難しいが、疲労蓄積によるミスをしては元も子もないので勉強と休息のバランスには注意が必要だ。

勉強の際は、スクールに通った方が好ましく、独学でも不可能ではないがスクールに比べると成長スピードは遅くなる。独学で何ヶ月も勉強していると、自分の苦手意識が高まったり、仕事のスピードが落ちたりする可能性も避けられないだろう。早くパソコンのスキルを上げたい場合は、なるべく今の課題を克服できるような勉強が欠かせない。また、職場がシステムを変更した際にはそれに合わせるしかないため、紙カルテだからといってパソコンの勉強が不要になるわけではないことを知っておくと安心だろう。

さらに他の医療機関や他業種に転職する際も、ある程度パソコンのスキルが求められる。タイピングスピードが上がるだけ作業が大きく変化するだけではなく、パソコン作業を周囲に教えられるような人材になれば重宝されるだろう。

参考サイト>>http://kangoshi-pcskill.com